若手社員から一言

草地整備部 伊藤佳威君(21)

Q:どういったきっかけで上田組を知りましたか?

A:もともと高校卒業後は就職を希望していたので、進路指導室に置かれた求人票を見ていました。その中で見慣れた名前だな、と思ったのが上田組でした。

 

Q:入社試験を受けた動機をお聞かせください。

A:もともと会社がある川北地区で育ったので、上田組の存在は知っていました。

求人票を見たので母親に相談したところ、大きく立派な会社だよ、と。

それを聞いてより強くこの会社の一員になりたいと思うようになりました。

 

Q:実際に入社してからの第一印象をお聞かせください。

A:まずは重機の数に驚きました。トラックやブルドーザー、トラクターなどが整備工場の前に

何十台も並べられていましたから。

それに敷地の広さ。いつも楽しみにしている冬祭りが、実は上田組の敷地内だけで行われていると

入社してから知りました。

 

Q:仕事の印象をお聞かせください。

A:土木技術者の補佐として主たる仕事は3つだと先輩に教わりました。1つめは図面に沿って

正確なもの造りをするために測量をする。2つめはきちんとした仕事をしているという証拠を残すために

施工状況の写真を撮る。そして3つめは円滑で安全な作業環境を保つために作業者の管理をする。

どれも慣れるまでは大変な業務ですが、一つ一つが新鮮で覚える喜びを感じています。

また、屋外での業務が多く、身体を動かすことが好きな自分にとっては向いている部分と言えると思います。

 

Q:先輩従業員の印象をお聞かせください。

A:現場で従事する作業員さんなどからはちょっと厳しい言い方をされることがありますが、技術職の

先輩や上司は皆さん総じて優しい方ばかりです。

分からないことは丁寧に教えてもらえますし、皆さん仲が良いのでコミュニケーションも取りやすいです。

土木屋ってもっと怒鳴りあって仕事をしているイメージを持っていましたが、先輩にそんな話をすると、

おまえ若いのに古くさいヤツだなって笑われました。

 

Q:これから入社を希望する若者に一言お願いします。

A:自分自身もまだまだこれからですが、まずはとにかく人に慣れること。それに尽きると思います。

自分一人で出来る職種ではありませんし、たくさんの人の技術と汗と情熱で現場が完成してゆくので、

仲間の存在や仕事のやり甲斐はとても大きいです。

ただ無理をする必要はありません。

先輩方は自分たちから話しかけてくれますし、僕も後輩が入ってきたらそうしようと思っています。

それが上田組のカラーであり、伝統なのだと思います。


リクルートページに戻る