オペレータから一言

重機オペレータの河島(49)と言います。

上田組に入社して11年になりました。

上田組にはバックホウやブルドーザなど様々な重機があり、私たちはそれらを現場で稼働させています。

工事現場において重機の活躍は必要不可欠であり、その技術はもちろんのこと、図面や工程を把握して

より円滑に施工を行う能力が求められます。

重機がいかに効率的に稼働するかで、現場の利益も大きく変わると聞いています。それだけ我々の活躍は

重要なものだと認識していますし、何よりも怪我人を出したり事故を起こしたりすると現場がストップ

してしまうので、細心の注意を払ってハンドルを握っています。

それだけに大変な仕事ではありますが、現場は一つ一つが違うものを造っているので、完成した時の

充実感は素晴らしいものですし、何より大きな重機を操る優越感は、他に勝るものはありません。

あなたも上田組で重機のハンドルを握ってみたいと思いませんか?

キャビンの中は特別な世界観がありますよ!


リクルートページに戻る