上田組の歴史

上田組創業者 上田 景光

 

昭和29年(1954) 標津町川北に於て土建上田組(代表上田景光)として建設業の 知事登録を受け創業

昭和40年(1965) 株式会社上田組に組織変更資本金2,000,000円

昭和41年(1966) 事務所兼上田会館完成

昭和42年(1967) 釧路開発建設部工事参加

昭和44年(1969) 三菱キャタピラーと提携、上田式フオーク完成

昭和45年(1970) 砂利砕石プラント新設資本金15,000,000円に増資

昭和46年(1971) 初代代表取締役上田景光死去 上田光夫代表取締役に就任、釧路支庁工事参加

昭和47年(1972) 農用地開発公団新酪農村事業参加

昭和48年(1973) 釧路営業所開設資本金20,000,000円に増資

昭和53年(1978) 新社屋完成

平成元年(1989) 関連会社として建築資材を取り扱う商社㈲コスモス設立

平成2年(1990) 資本金35,000,000円に増資

平成12年(2000) lSO 9002(品質’94年版)認証取得

平成16年(2004) 当社代表取締役、釧路建設協会会長に就任

平成19年(2007) lSO 014001(環境’04版)認証取得

平成20年(2008) 日本製紙㈱釧路工場内にペーパースラッジ灰を原料に骨材を 製造/販売するEDB釧路事業所を開設

平成21年(2009) 埼玉県三郷市の大型商業施設[ららぽ一と新三郷]内に [標津いくら丼うえだ]を開店

平成25年(2013) 自社太陽光発電所(250KW)建設

平成26年(2014)  埼玉県入間市「三井アウトレットパーク」にいくら丼うえだ2号店オープン

平成28年(2016) ニュージーランドにて葡萄専心(株)と提携し葡萄栽培事業開始

平成29年(2017) 東京都銀座の大型商業施設「GINZA SIX」に「北海道UEDAGUMI」オープン